11月に入り、急に気温が下がり朝が辛くなってきていませんか?

朝は身体が冷えているため、だるかったり不調を感じやすくなっています。

特に、日本人に多い冷え性。

原因は、

・筋肉量不足
・体内の血液循環が悪い
・ストレス

などによる血行不良がほどんど。

普段からストレッチをしたり、運動をすることで冷え性が軽減されます。

それでも、面倒くさがりで続かないという方へ。

ツボ押しで身体を温める

体の血液循環をよくする方法で、簡単に出来るツボ押しを紹介します。

「気海(きかい)」
おへそから指2本分下にあり、全身を温めてくれる効果があるとのこと。
さらに、便秘解消や不眠にも効果的とのこと。


「合谷(ごうこく)
人差し指と親指の骨が合流する所から、やや人差し指よりの、くぼんでいるところにあります。
肩こりにも効果があり、手足の冷えを改善する作用も期待できます。
また、風邪のひきはじめにも効果的とのこと。


「湧泉(ゆうせん)
足の指を曲げたときに、ちょうどくぼむところが「湧泉」です。
腎臓の働きをよくし、体内の水分を調節します。
また、首や頭の血行をよくし、女性特有の下半身の冷え、特に、“冷えのぼせ”に効果的です。


普段の生活から改善しましょう

基礎体温が下がると、免疫力の低下にも繋がります。

体調を崩しやすくなるこれからの季節、健康を維持するために適正な体温まで基礎体温を上げることが大切です。

普段から、冷たい飲み物のや甘い物の食べ過ぎに気をつけることも大切です。
また、朝ごはんはしっかりとりましょう。

温度調整が大切な衣類の選び方

厚着になるこれからの季節、外と室内で温度差がありますよね。

簡単に温度調整が出来るように衣類を選ぶ際にも気をつけましょう。

足のつま先が冷えるからと、靴下を重ね履きしたり、カイロなどで温めるだけではあまり効果的ではありません。

温める場所で身体の血流がよくなり効果的に体温を上げることが出来ます。

腕・胸・背中・お腹を覆う面積の広いものを着用して体幹部の深部を温めると、血流が増え温かくなります。

まとめ

基礎体温が上がることで、身体のバランスが整いやすくなるほか、代謝もよくなり痩せやすい身体づくりにも繋がります。

注意したいこと
・冷たい飲み物のや甘い物の食べ過ぎ
・ダイエット中だからと生野菜ばかりの食生活
・長時間の同じ体勢は控え、時々身体を動かす
・ストレスを溜め込まない
・十分な睡眠をとる

美容と健康に大切な体温管理をして、健康的にキレイになりましょう♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。