【飲む点滴】健康にいい甘酒の美容効果と注意点

 

飲む点滴とも言われているほど身体にいい甘酒。

主な栄養素は、「ブドウ糖、ビタミンB群、オリゴ糖、食物繊維、ミネラル、酵素など」です。

美容や健康にいいと言われている理由はこちら

①腸内環境の改善を助ける発酵飲料
腸内環境を整え、便秘解消による美肌効果が期待できます。

②血行と代謝を促進。
甘酒に含まれるビタミンB群は、糖質・タンパク質・脂質からのエネルギーの代謝を助け、疲労物質を分解して血行を良くし、肩こりや疲れなどの解消に良いといわれているんです。

③簡単にエネルギー補給
忙しくて、ご飯を食べるのを忘れた時などに起きる低血糖。吸収されやすいブドウ糖が含まれているので、簡単にエネルギー補給が出来ます。

④抗酸化作用でアンチエイジング効果!

しかし、身体にいいと言われていますが、注意する点もあります。

■甘酒はカロリーが高い!?

実は、甘酒のカロリーは100ccで81kcalと高めです。

甘酒には酒粕と米麹で作られたものの2つの種類があります。

その違いは、

  • 酒粕の甘酒:砂糖と少しだけアルコールが残っていて安く飲める。
  • 米麹の甘酒:砂糖入っておらず、米麹の甘味。子供や妊婦でも飲めるノンアルコール。酒粕より少し高め。

どちらも、ブドウ糖、オリゴ糖といった糖分が多く含まれている為、飲み過ぎに注意が必要です。

それでも、量を守って飲めば、健康にも美容にも効果的です。

■甘酒が苦手な方へオススメな「甘酒カフェラテ」

【材料】
・コーヒー
・牛乳(豆乳):200cc
・甘酒:100cc ←苦手な方は調整してください
・はちみつ(お好みで)

手軽に作れて、身体も温まりリラックス出来ます!

補足:このままでも飲みやすいですが、「やっぱり麹の香りが苦手・・・」という方は冷たくするともっと飲みやすくなりますよ♪

甘酒を飲む時の注意点

  1. 一日の摂取量の目安は200mlまで。
  2. ブドウ糖、オリゴ糖といった糖分が多い為、高血圧の方や糖尿病の恐れがある方は控えましょう。
  3. オリゴ糖やアルコールが原因で体質的に合わない方もいるので、お腹がゆるくなったり、不調を感じた場合は、飲むのをやめましょう。
  4. 酒粕の甘酒は酒粕から作られたものなのでアルコールが含まれているため、妊婦さんが甘酒を飲む際は、米麹の甘酒を選びましょう。

■まとめ

甘酒は美容と健康にとてもいい食品なので、積極的に摂取したいですよね。

適量、自分にあった飲み方を見つけ、美味しくキレイになりましょう♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。